ホーム > 個別記事 > 人捜しRTをしようとしている人に伝えてほしい140文字

人捜しRTをしようとしている人に伝えてほしい140文字

2011 年 1 月 31 日 コメントをどうぞ コメント

2/2追記

 Twitterのタイムラインで人捜しRTをしている人を見つけたら、以下の文章を@で送って上げてください。それだけが僕の願いです。

拡散RTで人捜しをすると「発信者が誰だか分からなくなる」「情報の訂正ができない」「訂正しても解決しても最初の文章が広がり続ける」ので危険です。情報を集約できるBlogやwikiを用意して情報を載せ、拡散RTするのはURLだけにするのが効率的です

※Blogやwikiの書き方が分からないという人は、@suikyohやタイムラインにいる誰かに訊きましょう。


(ここまで2/2追記。及び改題。)
旧題「デマ拡散RTを止めるたったひとつの冴えたやりかた(タイトル詐欺)」

(2/3追記)
「140文字じゃないよね?」ってツッコミが多々寄せられております。書いていた当初は140文字丁度だったのですが、コピペで@を飛ばせるようにと数文字削りました。その上で、タイトルにインパクト持たせたかったので「140文字」のままにして公開しました。何卒ご了承ください。
(2/3追記ここまで)




 拡散RTがいかに危険で、制御不能なものであるか、身をもって体験してみました。以下はその顛末。


あらすじ

「東北大学生が行方不明という情報について」(Togetter)

 人捜しRTが広がっているのをTLで発見。現場が地元に近かったので情報を調べるうちに、伝言ゲームでひどいことになっているのをみて居ても立ってもいられず、情報訂正に奔走してしまいました。

■経緯
【1/23】捜索願のRTが拡散する。

【1/23~27】情報が錯綜し、間違った情報が広がる。

【1/28】元発言者が、「これ以上拡散しないでほしい」とTogetterで発言。


【1/30】元発言者が収束Postを投下。


【1/31】収束Postがようやく50RT(イマココ!!)



拡散RTを収束させる、たったひとつのさえないやり方

 今回は、フォロワー数が一万を越えている(かつ、今回の件で拡散RTした)人を見つけ次第、『情報発信者がもう拡散を望んでないので、それをRTしてください』という@を延々と飛ばしました。
 情報発信者がTogetterに書き込んだあと、ついったーの方でPostしてくれるまでの間は、僕のPostをRTするよう頼みました。このときは1人が反応してくれたのですが、RTじゃなくて僕のPost丸写しして投下してたのが残念でした。
(あと、ついでにmixiで拡散してる人の日記を検索してコメント残したりもしてきましたがそこらへんは割愛。)
 

(spamのごとく@を飛ばすの図)


マジキチ。
(2/3追記:上記画像はログ抽出したものであり、実際は連投はしていませんし、一人に一回だけ(二回投げた人が二人)しか飛ばしてません。)


結果と反省
■結果
 収束Postが投下されて2日。
 収束拡散をお願いした人の内、いまのところ2人がRTしてくださいましたが、それでもまだ50RT。
 半ば分かっていたことですが、残念な結果に終わりました。


■反省?
 フォロワー多い人が動いてくれなかった原因としては、そもそもこちらの@に気付いてもらえてないせいだと思います。なので、次回は本人ではなく、本人とよく会話している人とかにお願いして@を送ってもらう、という段階を踏んだ方法ならどうだろうと考えてます。

 あとは、性善説でダメなら、拡散には拡散で対抗してみるしかないということで『個人情報を拡散すると個人情報漏洩罪で処罰されます』『間違った情報を拡散すると風説の流布で罰せられます』みたいなデマをまいて、拡散RT自体をしずらくしていけばいいんじゃないかと思ったんですが色々問題がありそうなので却下。(しかし、そういうのに限ってすぐ修正RTされそうな気がするのが悲しい)

 あとは「拡散RTする奴は情弱。アホ」とかそんな感じでスレ立てて2chまとめに載せられたらどうだろうとか考えましたが、これだとmixi文化圏な人達に届きそうにないですしアウト。

 いっそのこと『RT:@suikyoh 拡散RTする奴は(※好きな侮蔑語)』とみなさんに非公式してもらって、それが広まれば反論が全部僕のところにやってくるだろうから全員まとめてやっつけてやんよ!とか良い案に思えるんですがどうでしょう(壊



残念ながらオチなし。


[関連リンク]
人捜しとか風説の流布とか、RT推奨とか書かれててもRTすんなやバカ!
(おちもなにもないただのにっき。)

 




カテゴリー: 個別記事