ホーム > 小ネタ, 東方 > 秘封倶楽部覚え書き 「曝」から「暴」へ

秘封倶楽部覚え書き 「曝」から「暴」へ

2015 年 11 月 29 日 コメントをどうぞ コメント

2005年に蓮子とメリーが登場してから10年間、
秘封倶楽部は『結界を「暴」く』サークルだと認識されてきた。
しかし深秘録において、初代会長・菫子は『秘密を「曝」く』と言っている。


蓮台野夜行:魔術師メリー

そう、秘封倶楽部の裏の顔は張り巡らされた結界を暴くサークルなの。

深秘録:魔理沙ストーリー 菫子戦

だから秘密を曝きたいのよ 多少危険な目に遭っても


秘封関連の作品で、「あばく」という言葉が使われているのが上記1箇所ずつしか存在しないため、単なる表記揺れである可能性は大いにあるけれど、無粋を承知で検分してみたい。

「暴く」/「曝く」について、辞書の解釈は
広辞苑 第五版によると

暴:他人の隠そうとする秘密を公表する。
曝:日光にあてる。日にさらす。


また、新明解国語辞典によると

暴く:人が意図的に隠そうとしている悪徳・非行や、ともすれば多くの人が見逃しがちな欠陥などを、遠慮なく衆の前にそれと示す。
曝く:(項目なし)


となっている。
一概には言えないけれど、
「曝く」は、知られていないだけで特に隠されていないものを対象とし、
「暴く」は、隠されているものを対象としているようにも読める。

これは、蓮メリの時代に結界を『あばく』ことが禁止されている事実とも整合する。

たかが漢字一文字。
神主にそこまで深いお考えがあったのかどうか知る由もないけれど、
菫子の時代(以降)に結界への干渉が禁止される出来事を強調・予感させている
ような気がして、夢が広がる一文字でもある。






追伸
ちょっとググって出てこなかったから書いてみたんですが、秘封スレあたりで音速だったらあしからず。




カテゴリー: 小ネタ, 東方
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。