投稿者: usui

ユーフォ3期における「くみまゆ」問題について

※この記事には、ユーフォ3期アニメ8話まで、および原作最終章のネタバレが含まれます。

「北宇治高校吹奏楽部では、人間関係を切り離した人選を受け入れることができるか?」
という未解決の命題があります。

第三楽章(2年生編)では、夏紀先輩と久石奏が揉めに揉めた一件では、久美子と夏紀の説得により一応の納得をした久石ですが、結果的に夏紀・奏ともにコンクールメンバーに選ばれたため、夏紀が落ちて奏が受かっていたらどうなっていたのか?という疑問は残ったまま終わりました。まあ実際のことろ、優子部長と夏紀よる支援があれば風通しのよい空気を醸成することはできただろうなと思います。

では、最終楽章(=アニメ3期・3年生編)ではどうか。
『自分が受かったら周りの空気が悪くなる』と危惧する黒江真由と、『そんなことはない・大丈夫』と反論する久美子との溝は時を経るにつれ深いものになっていきます。
本当に大丈夫なのか?という疑問について、私見として回答を書いてしまうと、大丈夫ではないと思います。
「なつかな」の時も、その前年のトランペット対決のときも、幹部組の尽力によって瓦解は防がれていますが、くみまゆの件に限っていえば久美子は何もできません。なぜなら、久美子の本心は全国金よりれーなとのソリが大切で、しかもそれを公言できない立場にあるからです。
そうした自己矛盾を抱えたまま、うわべだけの言葉で『大丈夫』と言い続ける久美子と、猜疑心を膨らませていく真由という構図、それが最終楽章を通して描かれる問題です。

以下、二人の立場や意志について解説していきたいと思います。

#比較

まず、久美子と真由の思惑について確認しておきます。
項目を3点に絞って比較すると、以下のようになります。

<大会に向けた目的>
久美子:全国金
真由  :楽しく吹ければ良い(できるなら、上手い人達と吹きたい)

<内心>
久美子:れーなとソリを吹きたい。辞退されず、オーディションで勝ち取りたい(=特別な存在として在るためにはそれが必要)
真由  :自分が選ばれて空気が悪くなるのはいや(=楽しく吹けなくなる)

久美子の思惑について端的に言うと、表向きは全国金を目指すといいながら内心では個人のエゴを優先し、その上その事実から目を逸らしています。対して真由は、楽しく吹ければ結果はどうでもいい。楽しく吹けなくなるから自分は辞退したい、という想いを一貫しています。

久美子は真由に対して「全国金のため、オーディションに参加してほしい」、「全力を尽くしてくれたら私もうれしい」と口にしますが、真由にはそれが信じられません。低音パートの中でも聞こえてくる、くみれい当確の空気、それを後押すように何度も皮肉を口にする久石奏の活躍によって、久美子と真由の信頼関係は築かれることなく時が過ぎていきます。
合理的に考えれば、オーディションの結果を抜きにして久美子が吹けば空気の悪化も防げて一石二鳥のはずなのに、「オーディションを経ずに選ばれたくない」というエゴが邪魔をして、真由の提案に対して向き合うことができません。
この自己矛盾は、8話のあとに某氏によって指摘されてさえ向き合うことなく、全国大会が始まり終わってしまいました。

 

#くみまゆ辞退バトル

全5回(原作準拠)行われる辞退宣言それぞれを見ていきます。

①オーディション形式発表直後(6月)
  • 「そのオーディションって、辞退とかできないのかな」
  • 清良ではオーディションを辞退しようと思ったことは一度もない
  • 清良では、みんな喜んだし
  • 「北宇治でも同じだよ」「本当に?」
  • 辞退して喜ぶ人間がいると思われるのは不愉快

すでに疑心暗鬼になっている真由と、北宇治なら大丈夫と言い切る久美子。
ポイントは、「清良だったら辞退なんてしない」、つまり北宇治での自分は外様だと認識している点です。

②府大会オーディション前日(6月)
  • 「やっぱり私、辞退しようか?」
  • 「私のせいで二人のうちどちらかが落ちたら申し訳ないというか……」

どちらか、とはいいつつ、直前の文脈から久石奏が落ちることを危惧しているのが分かります。
暗に自分の方が上手いと言っているんですが、本人には悪意がないのがひどい。
他の場面でも時折あるんですが、真由ってデリカシーのない発言がちらほら見えて、それが久美子との確執に一役買ってるんですよね。

③関西大会オーディション直前、合宿所の風呂にて(8月)
  • 「今日のソリのオーディション、私、辞退しようか」
  • 「全力を尽くしてくれた方が北宇治のためになるし、私だってうれしい」

真由が久美子の言葉を信じられてないのは以前からのことですが、久美子の方も自分の気持ちを客観視できていない。それが真由に見透かされるという悪循環。
その後の発表時、真由がソリストに選ばれたときのどよめきは、原作よりアニメの方がしっかりと描かれていて残酷でした。
「Aメンバー入りを逃した部員の中で、久美子を応援するのがブームになって」いるという報告もあり、久美子のいう『北宇治は大丈夫』が空しく響いていきます。

④文化祭(9月)
  • 「私、やっぱり次のオーディションは辞退した方がいいと思って
  • 「真由ちゃんは吹きたくないの? 自分の気持ちに正直になっていいんだよ?」
  • 「私はいつも正直なんだけどな」

もう決定的にすれ違っていて、笑うしかありません。
最初からずっと吹きたくないと言っている真由と、その言葉の奥にある気持ちを考えられない久美子。
1年前の夏紀と奏の件で、「北宇治は大丈夫」と盲信しているのか、自分のことでいっぱいで視野狭窄になっているのか、あるいは両方か。

⑤全国オーディション前日(9月)
  • 「今度のオーディション、私ね、やっぱりソリを辞退したほうがいいんじゃないかって思って
  • 「どうしてそんなこと言うの、ここまで来て」
  • 「ここまでっていうか、私、ずっと言ってきたけどなぁ」

この直後、久美子はここにきてようやく真由の真意(吹かなくていい・空気の方が重要)を知りますが、それを『北宇治のあり方とあまりにかけ離れている』と拒絶的に受け取ります。
逆に真由は「私がソロを吹くの、本当は意やじゃなかった?」と久美子の真意を問いますが、部長としての立場が本音を口にするのを邪魔してしまいます。

ここまで5回にわたる辞退宣言を振り返ってみると、久美子は部長としての自分を盾にして真意を隠し、自分の脅威である真由の気持ちを推し量ろうとするのを避けているように見えます。
かといって真由に問題がないかといえばそうではなく、頑なに久美子を通して説得しようとしているのは意地っ張りのように見えますし、伝え方にしても同じことのくりかえしでコミュニケーションが取れているようには思えません。久美子を飛び越えて滝先生に直談判してもよかったし、穏健派の副部長を使う手もなくはありません。

どっちが悪いというわけでなく、どっちも人間として未熟なところがあって、それだけじゃないかと思います。陳腐な結論ですが。

#最後に:じゃあどうすればよかったのか

「北宇治高校吹奏楽部では、人間関係を切り離した人選を受け入れることができるか?」
という最初の命題に戻りますが、もし二人が本音を吐露しあうことが出来ていれば、限りなくベストに近いエンドに迎えるのではないかと思います。
例えば久美子が、『負けたくないし、負けたら空気が悪くなるかも知れないけど戦って』と少年漫画のようにライバル宣言したり、真由が『私が勝ったら一番に喜んで』と久美子と約束できれば、多少は違った展開になるかなと妄想しましたが、これはあくまで妄想です。
こういった「たられば」の話はいくらでも出来てしまいますし、そういうのは二次創作でやればいいと思います。
(AD:唐突な宣伝ですが、じゃあ真由がどう立ち回ればよかったのか・どうして真由はあんな思考を持つに至ったのかを考えた二次創作の小説(R18)を書きました。6/21に向けてメロンブックスで予約受付中(※R18注意)ですので、人を選ぶ本ですけど、よかったら。)

原作では最後まで和解できなかったくみまゆですが、アニメ時空ではなんと口論をするまで衝突が始まりました。もしかしたら、原作では見ることのできなかったTrueEndに辿り着けるのではないかと、そればかりを期待しています。

とっちらかってしまいましたが、くみまゆについて言いたいことは以上です。

 

#蛇足:久石奏について

石奏についてはいいたいことがたくさなります。
好きなキャラのことを悪くはいいたくないのですが、原作・アニメともに久石奏、ダメダメです。
前作(2年生編)では夏紀先輩による優しさを知り、中学生時代には悲しみを知っている久石は、おそらく誰よりも黒江真由に寄り添えるはずの人間でした。
それなのにこの子ときたら久美子の腰巾着に収まるだけでなく、久美子が選ばれるのが当然とばかりに黒江を挑発しつづけるという悪漢ぶり。夏紀先輩も川の影で泣いている。

しかしまあ、久石の知性がナーフされなかったらくみまゆの確執はこんなにこじれることなく、ギスギス吹奏楽部にならなくなってしまうのも分かります。作劇の都合でアホの子にされてしまった石奏を不憫には思いますが、それでもやっぱり格好良い久石奏が見たかったです。

 

秘封って何?という人のための覚え書き2024

※本記事は「東方Projectという名前は聞いたことがある」「秘封、公式サイトとか東方wiki読んでも意味が分からない」という方を対象としています。多少の誤謬はご容赦ください。

#What
結局のところ秘封倶楽部って何?と言われても、「ゲーム」「小説」みたいに一言では言えないので少しだけ我慢してよく聞いてください。
秘封倶楽部とは、東方Project(以後「東方」)の作者ZUN氏が制作した音楽CD(のブックレットに載っている数ページのSS)を原作としたシリーズです。

1作目は2003年に発表された「蓮台野夜行」で、ブックレットどころか片面ペラ紙の文章量しかありません。この時点では
「蓮子」「メリー」という二人の少女からなる「秘封倶楽部」が、「禁じられている”結界破り”をしている」
という断片的な要素しか見えていませんが、「少女ふたり」「オカルト活動」「博麗神社」といったワードに惹かれて二次創作が(細々と※)行われるようになります。

※あまりに公式設定が少なくて、秘封倶楽部の読み方は「ひふう」「ひほう」どちらかスレ内で論争になったり、「金髪の少女がメリーだと明言されてない」説も出たりするほど供給に飢えていました。

2作目、3作目と進む内に、東方と異なり現代から地続きの近未来が舞台であることが分かったり、異世界に憧れ冒険を繰り広げるストーリーが(断片的に)語られたりし、二次創作的な人気や世界観の考察も盛んに行われるようになっていきます。
現在では、SF/民俗学/冒険譚/東方世界とのクロスオーバー/百合など、広いアプローチでの二次創作が作られ、10年以上続くオンリーイベントが開催されるほどの人気を博すようになりました。

#World
基本的に蓮子とメリー(以下「蓮メリ」)しか出てこないため、世界構造は謎に満ちていて、逆に言えば妄想の余地に溢れています。断片的に語られた設定として、
「リニア(的なもの)が走っている」
「東京の環状線の一部は草原と化している」
「月面旅行ツアーが行われている」
など近未来&廃退を感じさせる描写がある一方で、
「異世界との結界を破ることが禁じられている」
「霊都東京」
など、幻想的な要素が同居している謎の世界となっています。

新作が出るたびに少しずつ明らかになる世界設定、そして”二人に起こる変化”や”別離を匂わせる描写に皆皆が一喜一憂しながら過ごしている中、8年ぶりの新作発表が報じられました。

#新作
5作目から6作目が出るまでに6年の歳月を経て、また2016年に9作目が出てから8年が経過した2024年4月9日、8年ぶりに新作が発表されました。

今からでも遅くないので、これを期にどうか秘封倶楽部を知ってもらえたなら幸いです。

10年前のこと:東方の人気投票アンケートに艦これのことを書いて炎上した件

東方人気投票アンケートの件です。

もう少し正確に言うと、
2014年2月に開催された「第10回東方シリーズ人気投票」において、参加者アンケートの項目に
『「艦隊これくしょん~艦これ~」について』という設問を入れたことで多くの方から非難と指摘をいただき、1時間余りで項目削除することになった件です。
当時、「東方」と「艦これ」のファンコミュニティの空気がよくなかった中で、両者を刺激するような項目を入れたことで多くの方々にご迷惑をおかけしました。その理由と経緯について、10年経った今だから言えることを言っておこうと思いました。

■当時の反応
東方人気投票のアンケート項目に、艦これの話題があった件について反応諸々(Togetter)

【悲報】第10回東方シリーズ人気投票の投票者アンケートに『艦これ』(2ch東方スレ観測所)
【朗報】人気投票 投票者アンケートの『艦これ』項目が消える(追記あり)(2ch東方スレ観測所)
ニコニコ大百科: 「東方Project人気投票」について語るスレ(ニコニコ大百科)
東方シリーズ第10回人気投票の投票者アンケートに『艦これ』についての質問があり、東方ファンが激怒(やらおん!)

投票企画内おわびページ(東方wiki)
管理人個人サイトのおわびページ(当サイト)

■前提
まず、あの企画とサイトの成り立ちについて。
人気投票を企画しているのは、「東方wiki」という個人運営の非営利ファンサイトです。
こちらは2002年に初代管理人(≠私)が立ち上げ、人気投票もその頃に始まりました。
そして2008年、初代氏が引退・閉鎖すると告知した際にいろいろあって私が引き継がせてもらいました。その際に、必然的に投票企画の代表も引き継ぎました。

ここからは初めて公開する話ですが、
人気投票の実行委員会メンバーは、管理人(代表)が私に交代した以外は、そのまま初代氏時代のメンバーが続投していました。つまり、投票システムの改修・調整や、開催有無の決定権、各項目の決定なども、私以外のメンバーが担っていました。私はノウハウも知識もないため、基本的に「経験者にお任せ」状態でした。
なお、委員会メンバーは初代管理人時代から全員非公表となっており、名前は一切出ていません。

代表である私は何をしていたのかというと、表向きのトップとして告知宣伝を行ったり、クレームや問い合わせ対応を任されていました。
 
 
■当日の動き
2/22の0時に投票が始まるとともに非難の声が届き、対応をはじめました。
すぐにアンケートの項目を確認し、システム担当に修正を依頼するとともにお詫びページを作成、公開しました。

「なんでこんな設問を作った?」
という、参加者にとって当たり前の疑問に対しては、『個人的に興味があった』という回答を、アンケート制作担当者から教えてもらいました。しかし理由が分かったからといってそのまま公表するわけにもいかず、そもそも私以外のメンバーは全員非公表であり、炎上したタイミングで「実は別の人が考えたんです」なんて言っても納得してもらえるわけもなく、返答に窮しました。
その結果、混乱したまま言い訳に終始し、醜態を晒すことになりました。

■反省と対策
本件について、何が悪かったのか改めて言いますと、それは
「責任者である私がアンケートの項目を事前に確認、修正しなかったこと」であり、
根本的には「責任者が企画をコントロールできない状態で運営していたこと」です。

 
そのため、同じことを繰り返さないよう対策を取る必要がありました。
そこで、2014年の企画を最後に旧スタッフには退任いただき、サイトやシステム、スタッフを含めてすべて刷新して次回2015年を迎えることにしました。「新作が出なくても毎年開催したい」「これまで投票できなかった項目を増やしたい」など、自分の意志で内容の刷新も行いました。
こうしてゼロから立ち直さなければならない中、手を差し伸べてくれた新スタッフには本当に感謝しています。

ただし、対外的には旧スタッフのメンバーがアンケート項目を作ったことは非公表でしたので、
「ガワだけ変えても代表が残ってるんじゃ意味ないだろ」と逆に非難をいただくことになってしまいました。

それでも、応援・参加してくださる方々のおかげで企画は続けられ、2019年に3代目の代表に引き継ぐことができました。

引き継ぎ先の3代目管理人については、こちらのインタビューを参照ください。
―東方Project人気投票・新旧運営インタビュー(前編) (東方我楽多叢誌)
 
 
■最後に
長々と書いたものの、
結局は「私が悪かったです」以上の情報がなくて申し訳ないのですが、以上が当時の顛末となります。
その節は皆様にご迷惑をお掛けして本当に申し訳ありませんでした。

■蛇足
炎上したことがある方なら分かると思うんですが、大勢の知らない人から一方的に攻撃されると、判断力が失われることがあります。
私は、周りの友人たちが止めてくれたにもかかわらず誹謗中傷に対して全レスして、もちろん逆効果になりました。今ではどうかしてたと思うのですが、当時はそれが誠意であると勘違いして突っ走ってしまいました。
何が言いたいかというと、炎上した人に対して回答を求めるなら、少し時間をおいて冷静になってもらってからじゃないとまともな反応はもらえないだろうと思うので、そのあたり斟酌してあげてほしいということです。

余談に余談を重ねますが、度を超えた脅迫に対しては警察に相談に行ったこともあります。
しかし、「非営利で企画をしていること(ファン活動)」をまず理解してもらえず、「やっているメリットがないなら辞めるのが一番では?」と言われて終わりました。転居をした関係で2県以上の警察に相談したのですが、概ね同じ対応でした。
脅迫のメールやコメント(IP記録あり)もプリントして持って行ったのですが、「ハンドルネーム宛ならそれはイタズラみたいなもの」として取り合ってもらえませんでした。今の時代なら違うのでしょうけど。

Archive

カテゴリー

ページ上部へ戻る